ABOUT PURCHASE

不動産購入

ABOUT SALES

Q
リタシンで物件を購入すると、どんなメリットがあるの?

リタシンでは物件購入の仲介だけではなく、購入前の中古物件に対する建物調査(インスペ クション)から、東恩納組の建築の技術を生かしたリノベーション・リフォームはもちろん、土地を購入したあとの建物建築のご相談まで、すべてを一つの窓口で対応可能ですので、複数の業者とやり取りをするというストレスはありません。
また、物件によっては 購入時の仲介手数料を無料 にすることのできる物件も多数取り揃えており、物件購入の諸経費の節約にもなり、大きなメリットの一つと言えます。

Q
他の不動産会社が取り扱っている物件は、リタシンでは購入できないの?

そんなことはありません。そのような場合は、他社様は売り主様側の不動産会社、リタシンは買い主様側の不動産会社として仲介をさせてもらう形になり、リタシンで取り扱っている物件を購入する場合と何ら変わりません。ぜひ「〇〇不動産さんのこの物件なんですけど…」といった感じでご相談ください。

Q
物件情報ページに、希望に合う物件がない場合は?

物件情報ページにご希望の物件がない場合でも、物件検索代行サービスも行っております。
お問い合わせフォームから、お客様のご希望内容をお知らせください。

お問い合わせフォームへ

一般的な不動産会社においては、その他諸経費と仲介手数料の両方を頂きますが、
リタシンにご依頼いただければ、仲介手数料は無料で諸経費のみを頂きますのでご了承ください。

           
       
   

ご購入のプロセス

PROCESS

STEP 1

物件検索

まずは、どんな物件がほしいのか、条件を整理しましょう。地域や価格、間取りや広さ、そのほかこだわり条件とその優先順位を決めたら、物件情報を収集します。新聞や、情報誌などの手段もありますが、最近ではインターネットでの検索をする方が大半を占めています。ぜひ、当社のおススメ物件もご覧ください。

STEP 2

お問い合わせ

気になる物件がございましたら、問い合わせフォームまたはお電話でご連絡ください。
当社HPに希望条件を満たす物件の掲載がない場合でも、物件検索はもちろん、資金計画などもあわせてご相談させていただきます。

STEP 3

内  見

条件に合う物件が見つかりましたら、内覧にご案内します。心に響く物件に出会えたら、一度だけでなく、時間帯や天気の違うタイミングで何度か見てみることもおススメです。
また、リフォーム・リノベーションが必要な場合は、そのご相談も可能です

STEP 4

申し込み

購入する物件、購入金額が決まったら購入申込(買付証明)を提出します。ローンをご利用の場合は、融資事前審査の申込も行います。

STEP 5

条件交渉

売主様との条件交渉(売買金額の額、支払方法や支払時期・引き渡し時期・所有権移転の時期…など)を行います。
交渉がまとまれば、売買契約に先立ち、重要事項説明書の交付・説明を行います。

STEP 6

契  約

買主様、売主様双方の日程を調整し、当社事務所にて、売買契約書を交わします。その際、売主様へ手付金を支払います。(売買価格の5~10%が目安)
ローンをご利用の場合、売買契約後に融資本審査となり、ローンの承認がおりれば、金銭消費貸借契約などの、残代金決済の準備にはいります。

STEP 7

決  済

所有権移転手続きの申請(一般的に、司法書士へ委託します)を行い、売主様へ残代金の支払いを行います。その他諸費用(登記費用・固定資産税清算分・仲介手数料相当額)をお支払いいただき、関係書類と物件のカギを受け取ります。

STEP 8

お引き渡し

物件のお引き渡しを行い、売買契約完了です。その後、リフォーム・リノベーションの詳細なご相談に移っていきます。

STEP 9

リフォーム工事

リフォーム・リノベーションの詳細なご相談後、内容・費用決定し、リフォーム契約締結・施工を行っていきます。

STEP 10

お引き渡し

リフォーム・リノベーション工事完了後、お客様立会いのもとで検査・調整・確認を行い、物件をお引き渡しします。もちろん、アフターフォローに関してもしっかり行わせていただきます。

LITACIN QUICK

返済シミュレーション

STEP1

必要項目の入力※1

物件価格
万円
1千万円なら1000と入力
(物件購入希望価格等を記入する)
自己資金
万円
1千万円なら1000と入力
借入金額
万円
物件価格 - 自己資金(頭金) -
ボーナス返済分で自動計算されます
※100万円以上から試算可能

※借入金額は100万円以上で設定をお願いします。

※借入金額がマイナスの値です。

ボーナス返済分
万円
※借入金額の50%以内で入力してください。

※ボーナス返済分は借入金額の50%以内で入力してください。

借入期間
借入期間は5年~35年まで入力

※借入期間は5年~35年までの間で入力して下さい。

借入金利
%
例)年利1.25%なら、1.25と入力
返済額(月額)
万円
毎月の返済額
返済額(年額)
万円
返済額(月額) × 12ヶ月
ボーナス時加算額
(月額)
万円
ボーナス時加算月額
返済総額
万円
返済額(年額)+ボーナス時支払額 × 借入期間

実際のご返済額は、各金融機関にて正式に算出をお願い致します。
お客様と金融機関の諸条件によって異なりますので、あくまで目安としてご参考程度にご利用ください。

住宅ローン減税制度のご紹介

  • ・住宅ローン控除(減税)制度は、住宅を取得したときに購入者の負担を軽減することを目的とした制度です。
  • ・毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除されます。(最大控除額は10年間で400万円)
  • ・所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除されます。
    (住民税からの控除上限額は13,65万円/年または課税所得の7%のうちどちらか低い方)
  • ・住宅ローンの借入れを行う個人単位で申請します。
  • ・所得税から直接控除されるため、高い節税効果が見込めます。

住宅ローン減税は、新築住宅だけでなく中古住宅も対象となります。また、増築や一定規模以上の修繕・模様替え、省エネ・バリアフリー改修なども100万円以上の工事費の場合は、住宅ローン減税の対象となります。

詳しく知りたい方は国交省のページまでどうぞ
http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/index.html

住宅ローン減税制度を受けるための主な要件チェックシート

1.「自ら所有し、居住する」
□ はい / □いいえ
2.「引渡し又は工事完了から6か月以内に居住する」
□ はい / □いいえ
3.「床面積が50㎡以上である」
□ はい / □いいえ
4.「床面積の1/2以上が居住用である」
□ はい / □いいえ
5.「借入金の償還期間が10年以上である」
□ はい / □いいえ
6.「年収が3000万円以下である」
□ はい / □いいえ
7.中古住宅の場合、さらに下記A~Eのいずれかを満たす建物である。
□ はい / □いいえ
  • A:木造で、築年数20年以内である。
  • B:鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造で、築年数25年以内である。
  • C:「耐震基準適合証明書」がある。
  • D:「既存住宅性能評価書(耐震等級1以上)」がある。
  • E:「既存住宅瑕疵保険」に加入している。

※上記チェックシートにすべて、はいに当てはまる場合は住宅ローン減税制度のご利用が可能です。