返済シミュレーション

STEP1返済シミュレーション ※①

こちらから先に入力→ 万円 1千万円なら1000と入力(物件購入希望価格等を記入する)
万円 1千万円なら1000と入力
万円 物件価格 - 自己資金(頭金) - ボーナス返済分で自動計算されます※100万円以上から試算可能

※借入金額は100万円以上で設定をお願いします。

※借入金額がマイナスの値です。

万円 ※借入金額の50%以内で入力してください。

※ボーナス返済分は借入金額の50%以内で入力してください。

借入期間は5年~35年まで入力

※借入期間は5年~35年までの間で入力して下さい。

年利 例)年利1.25%なら、1.25と入力

STEP2結果

返済額(月額) 毎月の返済額
返済額(年額) 返済額(月額) × 12ヶ月
ボーナス時加算額(月額) ボーナス時加算月額
返済総額 返済額(年額)+ボーナス時支払額 × 借入期間

※①実際のご返済額は、各金融機関にて正式に算出をお願い致します。
お客様と金融機関の諸条件によって異なりますので、あくまで目安としてご参考程度にご利用ください。

■住宅ローン減税制度のご紹介

  • ・住宅ローン控除(減税)制度は、住宅を取得したときに購入者の負担を軽減することを目的とした制度です。

  • ・毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除されます。(最大控除額は10年間で400万円)

  • ・所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除されます。
     (住民税からの控除上限額は13,65万円/年または課税所得の7%のうちどちらか低い方)

  • ・住宅ローンの借入れを行う個人単位で申請します。

  • ・所得税から直接控除されるため、高い節税効果が見込めます。

住宅ローン減税は、新築住宅だけでなく中古住宅も対象となります。
また、増築や一定規模以上の修繕・模様替え、省エネ・バリアフリー改修なども100万円以上の工事費の場合は、住宅ローン減税の対象となります。

詳しく知りたい方は国交省のページまでどうぞ⇒http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/index.html

■住宅ローン減税制度を受けるための主な要件チェックシート

  • ①「自ら所有し、居住する」
    □ はい / □いいえ

  • ②「引渡し又は工事完了から6か月以内に居住する」
    □ はい / □いいえ

  • ③「床面積が50㎡以上である」
    □ はい / □いいえ

  • ④「床面積の1/2以上が居住用である」
    □ はい / □いいえ

  • ⑤「借入金の償還期間が10年以上である」
    □ はい / □いいえ

  • ⑥「年収が3000万円以下である」
    □ はい / □いいえ

  • ⑦中古住宅の場合、さらに下記A~Eのいずれかを満たす建物である。
    □ はい / □いいえ
    • A:木造で、築年数20年以内である。
    • B:鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造で、築年数25年以内である。
    • C:「耐震基準適合証明書」がある。
    • D:「既存住宅性能評価書(耐震等級1以上)」がある。
    • E:「既存住宅瑕疵保険」に加入している。

※上記チェックシートにすべて、はいに当てはまる場合は住宅ローン減税制度のご利用が可能です。

住宅ローン減税の内容についてさらに詳しく知りたい方は下記リンクへ

住宅ローン減税の減税額シミュレーションは下記リンクへ

  • 見てみる
  • 見てみる
  • 見てみる
  • 見てみる